読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-1
kiji
0
1
1115870
0
人前で話すのがラクになる本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 まずは「主題」を1つにしぼる

『人前で話すのがラクになる本』
[著]金井英之 [発行]すばる舎


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆コレが原稿作成の3ステップだ


 まずは原稿づくりの流れを大まかに説明しておきます。

 以下に示す通り、作成の手順を3つのステップで考えると、頭がスッキリと整理されるはずです。

 (1)主題を決める

 (2)裏づけとなる話題を取捨選択する

 (3)文章表現を練りながら原稿を作成する

 とにかく、主題が決まらないと、原稿づくりは始まりません。

 主題とは、話のなかで一番言いたい内容です。意見、主張、期待、希望などであり、20字以内にまとめます。

 一方、話題とは、主題を裏づけ、より明確にするための材料です。事実、実例を挙げながら具体的に話していきます。

 自分の意見、主張に耳を傾けてもらうには、聞き手に「なるほど」と共感させる材料、体験を集めることがポイントです。聞き手を惹きつける話題の選び方については本章3から詳しく説明していきます。

◆印象的な体験のなかから主題は見つかる


 まずは主題をしっかり決めましょう。どのような話であっても、その人の意見、主張の表明ですから、ここを明確にしておかなくてはなりません。

 自分の意見、主張は、何らかの体験がもとになって生まれてきます。過去の体験を振り返りながら、自分の意見を書き出して、いったん頭を整理してみましょう。その上で、最終的には主題を1つにしぼります。

 主題さえ決まれば、あとはふさわしい話題を選んで裏づけすればいいのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:581文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次