読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1115872
0
人前で話すのがラクになる本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
4 「抽象的なテーマ」のときは身近な例を入れる

『人前で話すのがラクになる本』
[著]金井英之 [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆「私の」という言葉を補って考えよう


 ときには、人生、哲学、幸福、人間、世界など、大きなテーマでスピーチをする機会があるかもしれません。

 本来、抽象的なテーマで話をするのは非常に難しいものです。こうしたテーマで話すときは、自分なりの視点を盛り込むとよいでしょう。

 たとえばテーマの頭に「私の」という言葉を補ってみると、話に具体性が増します。この他、「私が体験した」「私が知っている」「私が考えている」というように、言葉を付け加えることで、話の枠が狭まるのでより具体的な話になります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1093文字/本文:1334文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次