読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1117343
0
こじらせない練習。――「今」に生きる人のための心理学
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 理想のイメージから逃れられない

『こじらせない練習。――「今」に生きる人のための心理学』
[著]石原加受子 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆誰にでも好かれないと気が済まない


「私は、自分が嫌いな人にであっても、好かれていないと気が済まないのです」


 という女性がいました。


 自分は嫌いな相手であっても、その相手が自分に対して否定的な態度や拒否的な態度をとるのが「許せない」という気持ちになるのだと言います。


 確かに、誰にでも好かれているというイメージを描けば、心地よく感じます。自分が嫌いであっても、相手が自分に対して好意を抱いてくれていれば、相手によって傷つけられることがない。自分を大事にしてくれる。そう考えれば、安心するかもしれません。


 けれども実際には、どうでしょうか。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1355文字/本文:1623文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次