読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1117360
0
こじらせない練習。――「今」に生きる人のための心理学
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1「してやったのに」を手放すレッスン

『こじらせない練習。――「今」に生きる人のための心理学』
[著]石原加受子 [発行]すばる舎


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆「断る力」を身につけていますか?


「意志をもって断る」力は、今を満足して生きるために不可欠です。


 ところが、「断れない人たち」は、それを〈わがまま〉だと解釈します。


 例えば、職場の上司が、本来担当ではない仕事を、押しつけてきたとしましょう。


 断れない彼女は、しかたなくそれを引き受けます。


 けれども、相手に断ることができないで従っていたとしても、決して、気持ちよくはやってはいません。顔の表情、あるいはその口調は、イライラしている感情そのままの態度をとっています。


 前章までに共感能力、共鳴能力という話をしたように、どんなに自分では隠しているつもりでも、自分の気持ちや感情は相手に伝わります。


 相手は、その態度や表情や抱いている感情に不快感を覚えて、

「なんだ、そのふて腐れた態度は」


 と責めたくなります。他者中心の人ほど、そうでしょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3057文字/本文:3425文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次