読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1117365
0
こじらせない練習。――「今」に生きる人のための心理学
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 ミスやトラブルから自分を守るレッスン

『こじらせない練習。――「今」に生きる人のための心理学』
[著]石原加受子 [発行]すばる舎


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆見て見ぬふりをする同僚



 張り詰めた人間関係を放置していると、被害者意識や犠牲者意識に囚われて、問題が大きくなっていきがちです。


 それは、問題が起こったときに、自分自身がその問題に向き合えずに責任転嫁、責任回避したくなったり、その依存心から、自分の代わりに解決してくれる誰かを探そうとしたりするからです。


 例えば、こんなことがあります。


 Aさんが、職場で小さな操作ミスを見過ごしてしまったために、それが大きな問題へと発展してしまい、何人もの人に迷惑をかけてしまいました。

「もちろん、悪いのは私です。それはわかっています。でも、あのとき、Bさんもそばにいたんです。Bさんは気づいていたはずです。ちょっと、『えっ?』という顔をした瞬間を覚えています」

「あのとき、Bさんが、はっきり指摘してくれさえすれば、こんなことにはならなかったと思うと、どうしてもBさんを責めないではいられないのです」

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2709文字/本文:3101文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次