読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1117706
0
こころが折れそうになったとき読む本
2
0
1
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 「いい加減」はいいことである

『こころが折れそうになったとき読む本』
[著]川村妙慶 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 あるご住職から匿名で手紙がきました。「お寺は皆が集まる場所となっています。それはそれでいいのですが、それを受け入れるお寺に住んでいる者は疲れているのです。逃げ出したい思いです。妙慶さんは楽しそうでいいですね」と。口には決して言えない本音を聞かせていただきました。


 書くということは大切です。書くことによりこころの整理ができていくのです。何を思っているのか、何が言いたいのかを自分にも言い聞かせることができるのです。


 人間というのは、とにかく話を聞いてほしい人がいかに多いかということにもなります。そのくらいストレスを抱えています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:1704文字/本文:1970文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次