読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1118078
0
プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
源五郎丸 洋

『プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

阪神

甲子園には未出場だが、本格派右腕の高卒ルーキーとして阪神が1位指名。聞き慣れない名字も注目され、たちまち虎のホープとなるが、キャンプ終了直後の二軍での練習中に大ケガを負い、結局は一度も一軍の公式戦で投げることなく短いプロ生活を終える。


「珍名エース」を襲ったアクシデントの真相



 巨人がV9時代以来の日本一に輝いた1981年(昭和56年)。その年のドラフトの目玉は、この年の甲子園に春夏連続で出場し、夏にはエースで四番として報徳学園を全国制覇に導いた金村義明と、電電九州の快速球投手で即戦力大型ルーキーの呼び声が高かった右田一彦の二人だった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1852文字/本文:2123文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次