読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1118079
0
プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
大場翔太

『プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

ソフトバンク→中日

東洋大時代には当時の東都リーグ記録となる410奪三振をマーク。4年時には春秋合わせて17勝を記録するなど大学球界ナンバーワン右腕として、ドラフトでは6球団の重複指名を受けた。だが、プロでは7年間で15勝にとどまっている。


410奪三振、6球団競合のエースの現状



 学生野球のメッカ神宮球場。東京六大学とともにこのグラウンドを本拠地とする東都リーグには、全国各地の実力派の高校球児が集まり、“戦国東都”と呼ばれるようになって久しい。前のシーズンに優勝して全国大会に出場しても、次のリーグ戦で最下位になれば下部リーグ優勝チームとの入れ替え戦に回り、敗れれば、ふだんはゴルフ練習場である神宮第二球場でプレーしなければならないのだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1777文字/本文:2096文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次