読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1118083
0
プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
定岡正二

『プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

巨人

鹿児島実時代は原辰徳(巨人)らがいた優勝候補の東海大相模を下してベスト4入り。準決勝では本塁突入で手首を痛めて退場。チームも投手の(けん)(せい)悪送球で敗退し、悲劇のヒーローとなった。ドラフトでは1位指名で巨人入り。


最後まで「巨人の定岡」を貫いて引退



 時代の求めたヒーローが、図らずもみずからの手によって起きたアクシデントによってヒーローとしてのレーゾンデートルをより強めていくこともある。1974年(昭和49年)夏に鹿児島実のエースとして甲子園出場を果たして優勝候補の東海大相模を大熱戦の末に下し、その知名度と注目度を上げていった定岡正二は、そんな男だった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2265文字/本文:2550文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次