読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1118084
0
プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
島本講平

『プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

南海→近鉄

箕島のエースで四番。1970年(昭和45年)に春夏連続出場を果たし、春には全国優勝。その立て役者としてヒーローになった。甘いマスクで人気を得て、前年の太田に続く2代目「コーちゃん」となり、アイドル的人気を保ったままドラフト1位で南海入り。


開花し切れなかった「2代目コーちゃん」



 世の中にはブームや流れというものがある。高校野球の世界とて同じである。太田幸司で高校野球にアイドル「コーちゃん旋風」が吹きまくった翌年の1970年(昭和45年)、新たな「コーちゃん」が出現した。


 その年の第42回選抜高校野球大会で優勝候補の一角に挙げられていた箕島のエースで四番の島本講平選手に、スポーツマスコミは大会前からスポットを当てていた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1728文字/本文:2045文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次