読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1118113
0
プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
山田久志

『プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

中日監督

()(しろ)から富士鉄釜石を経て阪急にドラフト1位で入団。エースとして阪急の黄金時代を支えた。引退後はNHK解説者を経てオリックスコーチ。その後、中日コーチを経て2002年(平成14年)から2年間監督を務める。


元スーパーエースが2年で解任された理由



 草創期や2リーグ分裂時代を除くと、現役選手として中日のユニフォームを着た経験がないまま監督に就任したのは濃人渉、水原茂、山内一弘、そしてこの山田久志の4人だけ。在任期間は濃人が2年、水原が3年、山内が3年、山田が2年である。濃人と山田は成績自体は2位と3位でそれほど悪いというものではなかったが、さほど未練もないかのようにあっさり中日監督を辞しているし、地元でも引きとめる声はほとんどなかった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2244文字/本文:2573文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次