読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1118129
0
プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
根本陸夫

『プロ野球「黒歴史」読本 メディアを騒がせた75人の男たち』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

クラウンライター・西武→ダイエー

日大三、日大専門部、法政大、川崎コロムビア、近鉄を経て、引退後はスカウトを務める。広島、クラウンライター・西武、ダイエーの監督も務めるが、むしろフロント入りしてからその手腕を発揮。時に強引なやり方で「球界の寝業師」とも呼ばれた。


つねに表裏を感じさせた「球界の寝業師」



 プロ野球にドラフト制度が導入されるようになったのは1965年(昭和40年)からである。導入の目的は有力新人選手獲得のための契約金の高騰と、一部の人気球団に有望選手が集中することを避ける戦力の均等化だった。


 しかし、規定をつくれば、その規定の裏をかいてなんとか自分のチームに有利にことを運ぼうと考えるのが人間のつねである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2270文字/本文:2580文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次