読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1118277
0
塩分のとりすぎがあなたの体をむしばむ
2
0
8
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 健康食と呼ばれる和食にも実は弱点があった!

『塩分のとりすぎがあなたの体をむしばむ』
[著]済陽高穂 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
8
| |
文字サイズ

──欧米に比べると格段に多い日本人の塩分摂取量



 世界でもトップクラスの長寿国である日本。日本の伝統的な食文化である「和食」は、健康食として世界でも認められています。2013年にはユネスコの無形文化遺産に登録されたほどですから、その評価の高さがよくわかります。


 和食のすばらしい点は、四季折々の海の幸、山の幸など豊富な食材、素材の味わいを活かす調理法、(いち)(じゆう)(さん)(さい)を基本とした理想的な栄養バランス、脂肪分が少なく、発酵食品も豊富です。そのうえ、盛りつけなどで四季の移ろいを表現し、見た目も味わえるなど、和食の魅力はたくさんあります。


 ただ、健康食かというと必ずしも完璧ではありません。かぎりなく健康食に近いのですが、ひとつだけ大きな、しかも健康を害する欠点があるからです。



 その欠点とは、塩を過剰に摂取してしまうこと! です。



 実は、日本人は世界でも突出して食塩をたくさんとっている国民です。


 WHOが定める、1日の塩分摂取量は5g未満です。これに対し、日本の厚生労働省が推奨する1日の塩分摂取量は男性8g未満、女性7g未満と、WHOの基準よりもかなり多くなっています


 しかも、この数値は目標なので摂取量ではありません。摂取量でみると、日本人はもっとたくさんの塩をとっていて、1日10g未満に抑えるのはかなり難しいという意見が管理栄養士や医師などの専門家からも漏れ聞こえてきます。


 これには、和食が主食であるごはんを中心に献立が考えられていることが関係しているのでしょう。ごはんそのものには明確な味がありません。ごはんをおいしく食べるためには、どうしてもおかずの味つけが濃いめになり、塩分を過剰に摂取してしまうのです。


 次は代表的な日本の和食の献立です。あじの干物、酢の物、漬け物、みそ汁にごはんと、一見、栄養バランスのとれた健康的な定食にみえます。



 この定食、塩分がどのくらいか計算してみると、1食で5・2gもの塩分が含まれています。この1食でWHOの1日の摂取基準を超えてしまうことになります。みそ汁や漬け物はもともと塩分が多めのメニューですし、あじ、わかめ、ちりめんじゃこなどの海産物は素材そのものに塩分が含まれています。このように、理想的にみえる献立が、実は塩分過多ということが和食にはありがちなのです。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
8
残り:0文字/本文:971文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次