読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1118285
0
塩分のとりすぎがあなたの体をむしばむ
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 なぜ、塩分の摂取量は少なくていいのか

『塩分のとりすぎがあなたの体をむしばむ』
[著]済陽高穂 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

──ナトリウムは体内でこんな働き方をしている



 なぜ塩分の摂取量が少ないほどよいのか、それを理解するためには、塩の主成分であるナトリウムが体内でどのような働きを担っているのか、どれくらい必要とされているのか知っておきましょう。


 一般的に、体内には体重の0・3~0・4%の塩が存在しており60kgの人の体内には約200gの塩(ナトリウム)があるとされています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1090文字/本文:1269文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次