読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1118351
0
トランプ登場は日本の大チャンス 新しいアジア情勢のもとで日米関係はこう変わる
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第二部 完全な失敗に終わったTPP

『トランプ登場は日本の大チャンス 新しいアジア情勢のもとで日米関係はこう変わる』
[著]日高義樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ドナルド・トランプが第四十五代大統領に当選したあと、バラク・オバマは大統領としての最後の海外訪問旅行に出発し、ギリシャで二時間にわたる演説を行ったが、そのなかで自分が進めてきたグローバリゼーションの動きが失敗したことを認めた。この演説はTPP交渉の(しゆう)(えん)を宣言するものになった。


 オバマのグローバリゼーション政策とその総まとめともいうべきアジア環太平洋地域一二カ国による自由貿易協定TPPは、オバマが数少ない経済政策のいわば目玉として推進してきたものだったが、結局は見事に失敗してしまった。


 オバマはアメリカの力のもとで地球規模の経済システムをつくりあげようと努力してきた。グローバリゼーションという言葉を先行させる形で、国際的な経済圏をつくるという理想の実現に全力を挙げたのである。


 この構想は、冷戦が終わってしまったあとのアメリカの世界戦略の一つとしてどのような成果をもたらすのか、世界中の注目を浴びていた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3460文字/本文:3875文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次