読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1118354
0
トランプ登場は日本の大チャンス 新しいアジア情勢のもとで日米関係はこう変わる
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第五部 軍事力なき日本外交の危機

『トランプ登場は日本の大チャンス 新しいアジア情勢のもとで日米関係はこう変わる』
[著]日高義樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ヘンリー・キッシンジャーは私とのインタビューのなかで、「世界はカオス、混乱の時代を迎える」と述べたことがあるが、そうした混乱の時代に国際社会を動かし、人々の立場を明確にするのは戦いである。


 これまでは、アメリカの強大な力のもとで国際社会はどうやら安定し、国連などといういわば架空の仕組みが国際社会の争いの決着に(こう)(けん)したこともあった。つまり、外交が国際社会の動向を決めることもあった。だが、いまやアメリカの力の後退で、国際社会は混乱のただ中にあり、利害の対立のすべてを話し合いで決着させることは不可能になっている。


 現在の国際社会では、対立の決着をつけるには外交と同時に「力」が必要になる。外交による話し合いを続ける一方で、決着に至らしめるための軍事力が必要なのである。このことは歴史を見れば明らかだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2970文字/本文:3329文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次