読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1118358
0
トランプ登場は日本の大チャンス 新しいアジア情勢のもとで日米関係はこう変わる
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第三部 強力な保守政治家グループの実行力

『トランプ登場は日本の大チャンス 新しいアジア情勢のもとで日米関係はこう変わる』
[著]日高義樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ドナルド・トランプの「強いアメリカ」づくりの戦略の一つは、強固で実務的な政権をつくることである。そのために、保守でありながら革新的な気風を持つ政治家やスタッフを集めることに力を注いでいる。


 トランプ政権のおおよその形はできあがりつつあるが、今度の政権の交代では、およそ一万人の政治家や官僚が入れ替わると予想されている。


 これまでは大統領選挙の結果、政党が変わると、ほぼ三〇〇〇人の政府幹部が入れ替わるのが普通だった。基本的には、政府各省の長官、独立機関の局長、さらにはその補佐官たち、名称で言えば、副長官、次官、次官補、次官補代理といった人々が新たに任命されるのが通例であった。


 ところがドナルド・トランプは、その一ランク下の部長や課長クラスまで入れ替えようとしている。その結果、一万人が入れ替わることになる。


 バラク・オバマは就任以来、官僚体制を強化し、規制を増やしつづけてきた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3294文字/本文:3686文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次