読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1118376
0
トランプ登場は日本の大チャンス 新しいアジア情勢のもとで日米関係はこう変わる
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第三部 日米関係を壊したオバマ前大統領

『トランプ登場は日本の大チャンス 新しいアジア情勢のもとで日米関係はこう変わる』
[著]日高義樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 トランプ次期大統領が、ホワイトハウスに入る前に安倍首相と会談して柔軟な外交姿勢を示したと述べたが、四年前の二〇一三年一月、オバマ大統領は安倍首相が申しでた首脳会談を断り、日米関係混乱の時代の幕を開けた。


 日米関係というのは、安定した二国間の関係であるはずだが、すでに述べたように、アメリカの一方的な政治姿勢によって、その関係がきわどく揺れる状態に陥ることがしばしばあった。


 オバマ大統領が安倍首相との会談を断った当時の模様を、二〇一三年一月の私の古いレポートから引用してみたいと思う。


        *

「アメリカ政府は今、予算や増税の問題で外国の首相と会う暇はない。そのうえ重要閣僚の人事選定の真っただ中で、他のことを行う余裕はない」


 ホワイトハウスの関係者がこう言っているが、オバマ大統領が安倍首相との会談を断ったのは、もっと他の理由がある。


 四年前、民主党が政権をとったとき、当時の小沢幹事長がワシントンを訪問する前にまず北京を訪問して、その後日米関係がぎくしゃくした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3200文字/本文:3638文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次