読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1118660
0
ディズニーで学んだ 人がグングン伸びる39の方法
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
30 チームは誰のためにあるのか考える

『ディズニーで学んだ 人がグングン伸びる39の方法』
[著]志澤秀一 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆チームはチームのためにある



 チームを機能させるためには、チームのメンバーが共有しなければならない意識があります。


 それは、「チームは誰のためにあるのか」ということです。



 たとえば、「チームは自分のためにある」と設定したらどうでしょう。メンバーがそう思っていたのでは、目標も判断基準もバラバラになってしまいます。この考え方をとっている限り、チームとしての力は発揮されません。


 また、「チームは会社のためにある」という考え方もあるかもしれませんが、それはやらされ感を生み出しこそすれ、メンバーがやる気になることは期待できないでしょう。


 では、「チームはお客様のためにある」と考えてみたらどうでしょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1467文字/本文:1766文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次