読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1118809
0
プロ野球ドラフト「黄金世代」読本 ファンを熱狂させた「8つの世代」
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
数々のスターを生んだ20世紀最後の黄金世代

『プロ野球ドラフト「黄金世代」読本 ファンを熱狂させた「8つの世代」』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 1998年(平成10年)春、甲子園に出場した横浜高のエース松坂大輔は、あらゆる選手たちから注目の的となっていた。


 同じ投手としてライバル心を燃やす、沖縄水産のエース(あら)(かき)(なぎさ)は、甲子園でも速球にこだわりを見せ、151キロを記録。九州共立大を経て、ダイエー入りを果たした。一方、横浜高と対戦した東福岡のエースで主砲の村田修一は、松坂の投球を見て打者転向を決意。日大で打撃を磨き、横浜ベイスターズと巨人で強打を見せ続けた。決勝で横浜高と対戦した関大一のエース久保康友は、松下電器、ロッテを経て阪神へ入団。甲子園へ戻ってきた。現在ではDeNAで活躍している。


 夏の甲子園でも松坂は注目の的だった。2回戦で対戦した鹿児島実のエース杉内俊哉は、三菱重工長崎を経てダイエーに入団。準々決勝で延長17回の死闘を繰り広げたPL学園からは、外野手の大西宏明が近畿大を経て近鉄入り、同じ外野手の平石洋介は、同志社大からトヨタ自動車を経て楽天へ入団した。準決勝で横浜高を追いつめた明徳義塾からは、寺本四郎が千葉ロッテに、高橋一正がヤクルトに入団した。決勝を争った京都成章の吉見太一は、立命館大からサンワード貿易を経て西武に入団した。


 そして横浜高からは、エース松坂がドラフト1位で西武に入団。打線の主軸を務めていた後藤武敏(現・後藤(ゴメス)武敏)は法政大で三冠王を獲得するなどの活躍を見せ、西武に入団。再び松坂とチームメイトとなった。のちにDeNAに移籍し、地元に戻っている。外野手の小池正晃は、横浜ベイスターズに入団。捕手の小山良男は亜細亜大でも主将を務め、大学日本一を経験。卒業後はJR東日本を経て中日に入団。


 松坂と公式戦で3度対戦した日大藤沢のエース館山昌平は、日大でもエースとして活躍し、その後ヤクルトに入団。98年夏の甲子園では他に、帝京の森本()(ちょり)が浜田のエース和田(つよし)(早稲田大→ダイエー・ソフトバンク)と対戦し、本塁打を放っている。松坂に敗れた鹿児島実に県大会決勝で負けている(せん)(だい)の木佐貫洋は、のちに亜細亜大で小山とバッテリーを組んで大学日本一に輝き、巨人入り。佐賀学園の(さね)(まつ)(かず)(なり)捕手は、同年ドラフトで松坂の外れ1位指名を受け、日本ハムに入団。甲子園で浜田に負けた()()()農の加藤健捕手はドラフト3位で巨人に入団した。


 98年の甲子園を巡る球児たちの物語は、まだまだ紹介し切れないほどひしめいている。「松坂世代」というキーワードで多くの球児が輝いたことは間違いないだろう。




この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1091文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次