読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1119603
0
出資持分対策パーフェクト・マニュアル
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Q44:後継者の選び方によっては、持分移行を検討しなくてよい場合がありますか?

『出資持分対策パーフェクト・マニュアル』
[著]株式会社メディシュアランス [著] 海星法律事務所 [著] 税理士法人和 [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

A:後継者が誰であれ、持分移行を検討するべきです。


 出資持分問題を回避できる後継者の選び方はあるのでしょうか。

 12で説明したとおり、出資持分のある医療法人で相続が発生すると、出資持分も相続の対象となり、相続税が課税されることになります。

 そして医療法人は利益の配分が禁止されるために、経営が順調であればあるほど生じた利益は医療法人の内部に留保利益として蓄積されていくことになります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:988文字/本文:1181文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次