読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1119608
0
出資持分対策パーフェクト・マニュアル
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Q48:一人医師医療法人の出資持分の評価引下げのおすすめ策を教えてください。

『出資持分対策パーフェクト・マニュアル』
[著]株式会社メディシュアランス [著] 海星法律事務所 [著] 税理士法人和 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

A:利益圧縮による評価引下げ策として、理事への退職金の支給、生命保険の活用が考えられます。


 1320と重複する部分がありますが、出資持分の評価と評価引下策について説明します。

■出資持分の評価について


 13でも説明しましたが、出資持分の評価は、医療法人の規模に応じて類似業種比準価額方式、純資産価額方式、その併用方式という3つの方式のいずれかを用いて計算します。

 医療法人の規模の判定については、「小売・サービス業」の基準により、従業員が100人以上の場合はすべて大会社に該当し、100人未満の場合は取引金額および総資産と従業員をもとに下記の規模判定表の区分により行います。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1666文字/本文:1956文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次