読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1121364
0
役員になる人は知っておきたい 出世する課長の仕事
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
07 ビジョンに過剰な期待をしてはいけない理由

『役員になる人は知っておきたい 出世する課長の仕事』
[著]安藤浩之 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

ベクトルが細分化し、互いの協力を阻害する


◆ビジョンは本当に必要なのか?



 職場のマネジメントというと、当たり前のように語られる「ビジョン」ではありますが、本当にビジョンは必要なのでしょうか。


 このことを考えるために、ビジョンがなぜカタカナ英語なのかを考察することにしましょう。


 前述の通り、ビジョンとは使命を貫くことで実現可能な夢であり、明確なゴールのことです。カタカナ英語で用いられ、日本語に訳されなかったのは、ちょうど収まりが良い訳が見当たらなかったからでしょう。


 たとえば、みかんはオレンジと訳すことができても、オレンジをみかんと訳すことはできません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1611文字/本文:1889文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次