読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1121841
0
日本人だけが知らない この国の重大な真実 闇の世界金融の日本占領計画
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
二〇二〇年までに「核戦争」が勃発する可能性

『日本人だけが知らない この国の重大な真実 闇の世界金融の日本占領計画』
[著]鈴木啓功 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 先に述べたことだが繰り返す。同時にここではさらに「事件の奥」を透視する。その理由は「前項と前々項は深くつながっている」からだ。世界は「危険な潮流」の上にある。


 二〇一五年五月二十二日までの約一カ月を通して国連本部では「NPT再検討会議」が開催された。だがその最終日、配布された最終文書案に対し、米国や英国などが中東の非核化を進める措置などに反対したため、全会一致での採択ができず閉幕した。


 歴史的に見るならば、五年に一度の再検討会議で最終文書が採択できなかったのは「二〇〇五年以来十年ぶり」のことである。結局「次の再検討会議が開催される二〇二〇年までは」→「核軍縮や核不拡散に関する取り組みは停滞することが明らかとなった」──。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1555文字/本文:1870文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次