読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1121918
0
日本人だけが知らない この国の重大な真実 闇の世界金融の日本占領計画
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
米国支配階級は「戦争ゲーム」をやっているだけ

『日本人だけが知らない この国の重大な真実 闇の世界金融の日本占領計画』
[著]鈴木啓功 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本国民が知るべき大問題の一点目は「日米開戦の真因はなにか」ということだ。これについては前章で回答を提示している。ここでは別の視点から考える。


 開戦当時の情勢について、日本国保守派のインテリは「日本軍は米国に()められた」と主張する。つまり「米国支配階級は『日本軍の真珠湾攻撃』を知っていながら『知らない振り』をした。そして日本軍の攻撃後には『リメンバー・パールハーバー!』(真珠湾を忘れるな!)と絶叫した」→「米国は『謀略国家』である」──。このような立論は間違いではない。


 米国支配階級は「日本軍の暗号」を解読していた。米国大統領フランクリン・ルーズベルトは(主要艦船を逃がしておいて)真珠湾基地には「ボロ艦船」を並べていた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1269文字/本文:1587文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次