読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1122013
0
サッカーと愛国
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「世界基準」で迅速な対応をした日本サッカー界

『サッカーと愛国』
[著]清義明 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 差別問題に今ひとつ適切な対応ができない日本社会のなかで、Jリーグやサッカーファンとサポーターが素早く適切な反応をしたのは、欧州のサッカー界の現状を通じて、人権や多文化共生の世界と向き合いながら、知らず知らずのうちに国際基準の人権感覚を学んでいたからと言えよう。


 新大久保のコリアンタウンで在日コリアンに対して「死ね、殺せ!」「韓国人は出て行け」と差別主義者や排外主義者がやっていても、デモという「言論の自由」を隠れ蓑にしているために、2016年にいわゆる「ヘイトスポーチ規制法」が施行されるまで長らく行政も司法も放置していた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:307文字/本文:571文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次