読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1122046
0
サッカーと愛国
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ウクライナ問題に介在するウルトラス

『サッカーと愛国』
[著]清義明 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ガブリエル・クーンはオーストリアの生まれであり、特に中欧や東欧のサッカー事情に詳しい。この地域でのサッカーにおけるレイシズムや排外主義の話を聞いてみようとするが、ガブリエルはあまり良い顔をしない。こちらはどうやら反ユダヤ問題が大きいらしいのだ。


 現在、ロシアとの領土問題と独立紛争に揺れているウクライナだが、アメリカ寄りの報道が続いているため、実際の事態は見えにくい。さらに複雑な民族問題が絡んでいるため、日本人には理解しづらい状況である。すでに失われていたはずの「東西」冷戦構造の見取り図で見ると、あたかも主権国家であるウクライナの領土を強引に併合して、反体制派を扇動するロシアが一方的に悪いかのように見える。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1354文字/本文:1661文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次