読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1122070
0
サッカーと愛国
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
フーリガンだからといって差別主義者ではない

『サッカーと愛国』
[著]清義明 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 世界にはザンクトパウリのようにANTIFAの旗印を掲げて、ネオナチや排外主義者と闘うサポーターグループが存在する。ザンクトパウリはその象徴的な存在であり、黄旗青年団は小さいながら東アジアの代表的な存在だ。他にもセルティックも古参のANTIFAのクラブチームとみなされている。イスエラエルの名門クラブ、ハポエル・テルアビブもそのひとつ。


 イスラエルでは、多数派のユダヤ人がアラブ人を差別するという構図が一般的な排外主義だ。パレスチナとの融和路線を拒否し続けているイスラエルのネタニヤフ首相のサポートするチームは、アラブ人差別と反イスラム教に染まったサポーターグループがあるベイタル・エルサレムだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1365文字/本文:1663文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次