読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1122266
0
頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 生活のメインスペースを知的好奇心の〈発信地〉に

『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』
[著]小川大介 [発行]すばる舎


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆テレビや家族の会話から生じた「何?」を逃さない



 詳しくは次章から見ていきますが、図鑑や地図、辞書とは何のためにあるのでしょう。


 これらはいずれも、知りたいことや確かめたいことがあったとき、開くものです。


 だからこそ、生活の場の中心であるリビングに置くのがいいのです。


 子どもは日々、生活のなかでたくさんの刺激を受けています。見るもの、ふれるもの、出会うものすべてが不思議でたまらず、世界は謎に満ち満ちています。子どもの頭のなかは「何?」「なぜ?」でいっぱいなのです。


 テレビを観ていても、本を読み聞かせていても、「お母さん、これ何?」「どうして?」と、さまざまなことを口にします。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1952文字/本文:2243文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次