読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1123026
0
誤解だらけの京都の真実
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
なし崩し的だった東京遷都と京都御所の保存

『誤解だらけの京都の真実』
[著]八幡和郎 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 王政復古の実現は、皮肉にも歴史的に朝廷の威光が十分に行き届いていない関東の人心を掌握するためには天皇みずからが関東に住む必要があるという理由で東京に遷都するということになりました。そして、皇室や公家、さらには御用達の商人や職人などの多くも東京に移住する結果になりました。


 近代化=西洋化を積極的に進める手本として、皇室の衣食住も儀式や行事の多くも大胆に洋風化されました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1161文字/本文:1347文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次