読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1123071
0
本物の学力は12歳までの「作文量」で決まる!
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
03「ホップ、ステップ、ジャンプ、着地」で何でも書ける!

『本物の学力は12歳までの「作文量」で決まる!』
[著]樋口裕一 [発行]すばる舎


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆文章上手な子は「型」を知っている


 さて、本格的な空想作文を書くにあたって、まず考えてほしいのは「構成」です。

 起承転結という言葉があります。文章の構成法として昔から伝えられてきました。この構成法は今でも通用します。ほとんどの文章、ほとんどの物語がこのような作りになっています。

 しかし、起承転結といっても、子どもたちには伝わりにくいでしょう。私は、子どもにわかるように、三段跳びになぞらえて、「ホップ、ステップ、ジャンプ、着地」と言い換えています。

 文章を書くときには、この「型」を応用するとうまくいきます。

 文章がうまくいかないとき、盛り上がらないとき、おもしろくならないとき、話がうまくまとまらないとき、この「ホップ、ステップ、ジャンプ、着地」の構成がうまくいっていないのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2254文字/本文:2596文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次