読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1123489
0
インターネットで死ぬということ
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
キャバクラとの出会い

『インターネットで死ぬということ』
[著]北条かや [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 摂食障害やうつ、女の生きづらさなどに悩まされながらも、私生活はごく普通にこなしていた。誰も私が拒食症になったときからずっと心療内科に通っているなんて知らなかっただろう。大学では明るく振る舞っていたし、うじうじ悩んでいたら好きな勉強もやっていられない。


 先述のとおり、大澤先生のゼミによく通っていたため、大澤研究室の合格を目指そうと思っていたのであるが、先生の所属先では「人間環境学博士」しか取得できないことがわかっていた。


 社会学の教授になるには社会学の博士号を持っていたほうがいい(気がするが、いまとなってはそうでもないと思っている)ので、「社会学博士」を取ることができる文学研究科に進学しようと考えたのだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1239文字/本文:1545文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次