読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1123845
0
自分をラクにする心理学 幸せにずっと近くなる考え方
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
自分の感情を見つめ本心に忠実に生きる

『自分をラクにする心理学 幸せにずっと近くなる考え方』
[著]國分康孝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ある父親がいった。


 永年床に伏している倅に今年は賀状を何枚印刷しようかと問うたら、ぼくの分は七枚でよいと答えた。どうも近いうちに倅は亡くなるような予感がする、と。


 その意味は人とつきあう気力、つまり感情放出の気力がなくなってきたらしいというのである。私は七五三や節分の豆まきと同じように、賀状も心理的に意味のある年中行事ではないかと思っている。それは対人関係における自分の感情を見つめる年中行事という意味である。


賀状による自己吟味


 まず自分のことから語る。


 私は賀状の宛名を「──様」としようか「──先生」にしようかと迷うことがよくある。私の仕事の世界では「──先生」にしておけば無難なことは知っているが、それは紋切り型であり事務的だという思いがある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2370文字/本文:2697文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次