読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1124184
0
会社では教えてもらえない 仕事が速い人の手帳・メモのキホン
2
0
7
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 残業しないで成果を出す人は「手帳」が違う

『会社では教えてもらえない 仕事が速い人の手帳・メモのキホン』
[著]伊庭正康 [発行]すばる舎


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
7
| |
文字サイズ


◆上手に仕切らなければベテランでもパンクする



 先日、私の20代の知り合いが、メンタル疾患を発症し、退職を余儀なくされました。


 本人によると、「残業による過労」がきっかけだと言います。でも、好んで残業をしていたはずはなく、そこにはプレッシャーもあったはずです。ましてや、若手の彼には、自分で時間をコントロールできない業務が多かったことも災いしたのでしょう。


 それでも、彼は期待に応えようと頑張りました。


 しかし、「やってもやっても仕事が終わらない」日々が続きます。会社は残業削減の方針。短時間で成果を出すことを厳しく求められていました。


 いよいよ、疲れ果てたなかで、彼はこんなことを思い始めます。

「自分には能力がないのでは……」と。


 その3ヶ月後のことでした。メンタル疾患にかかり、会社を去ったのです。



 私はそれが残念でなりません。たとえ若手であろうと、ちょっとしたことで、時間なんて簡単にコントロールできるからです。


 特別な能力やスキルは不要。「正しい予定の立て方」を知っているかどうかだけのことなのです。


 たとえば、短時間で成果を出している人は手帳を見ると面白いことがわかります。この本の「はじめに」でも書きましたが、見るべきは、1ヶ月後の部分。そこには、すでにいくつもの予定が書かれているはずです。彼らは「予定は自らが作るもの」と考えているので、先々の予定までどんどん埋めているのです。


 一方で、いつも遅くまで仕事をしている人の手帳を見てください。


 見るのは、同じく1ヶ月後。そこには、ポツン、ポツン、といくつかの予定が書かれているだけでしょう。彼らは「予定は入ってくるもの」だと考えているので、忙しいといっても、実は目の前の仕事に追われているだけなのです。


 メンタル疾患で退職を余儀なくされた彼は、残念ながら後者でした。でも、同じような人は少なくありません。仕事を速くするというのは、目の前の業務をやみくもにこなすことではないのです。


 この本では、仕事が速くなる予定の組み方の具体的な方法を紹介していきます。



この記事は役に立ちましたか?

役に立った
7
残り:0文字/本文:857文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次