読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1124314
0
小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3「少なすぎる」くらいがちょうどいい分量

『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』
[著]中根克明 [発行]すばる舎


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆1日1枚でかまわない



 学校から宿題が出ているのに、さらに家で他の勉強をさせるのは子供に負担ではないかと思う人もいるでしょう。担任によっては、毎日たくさんの宿題を出す先生もいるからです。


 宿題がたっぷりあるうえに、さらに家庭で独自の勉強をさせられたら、子供には苦痛になるかもしれません。


 家庭学習の目的は、自分でする勉強の習慣作りです。だから、勉強の量は楽にできるぐらいに抑えておくことです。計算と漢字書き取りのドリルをそれぞれ1ページずつなど、すぐに終わる分量でいいのです。


 そして、どのくらいの量をやるかは「1日30分」などと勉強時間を決めるのではなく、「1日●ページ」と分量で決めることが重要です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1838文字/本文:2140文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次