読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1124680
0
言葉よりすごい! 超コミュニケーション術
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき――コミュニケーションは全身で行なうもの

『言葉よりすごい! 超コミュニケーション術』
[著]川島冽 [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 あなたは、自分には人にどれだけの影響力があるだろうと考えたことはありませんか?


 いくら専門知識や技術、業務遂行能力を持っていても、対人影響力が発揮できなければ、会社の期待する成果を上げることはできません。仕事というのは人に働きかけ、人を動かしつつ、互いに協力し合いながら進めていくものだからです。


 あなたがそういった強い影響力を持ちたいと望むのなら、効果的で円滑なコミュニケーション技法を身につけ、実践することが必要となります。顧客から信頼を獲得する、上司を説得する、同僚や部下から支援と賛同を得る……。これらは、良好なコミュニケーションがなされてこそ、果たすことができるからです。


 逆にコミュニケーションの苦手な人は、自分の能力や特徴を周囲にアピールできないために、マイナスの印象ばかり与えてしまい、挙げ句は、人から軽視されたり、敬遠されてしまいます。


 あなたにはまず、コミュニケーションがもたらす対人影響力の重要性を認識していただきたいと思います。


 ところで、あなたは「コミュニケーションは言語だけで行なうもの」だと思っていないでしょうか? もしそうだとしたら、それは大きな誤解です。私たちは「言語」と「言語以外の方法(非言語という)」の両方で、意思や感情を伝え合っています。


 では、コミュニケーション行動全体の中で、言語と非言語はどのような使用比率になっていると思いますか?

「もちろん、言語のほうが圧倒的に多い」と答える人がほとんどでしょう。ところが、実際には非言語のほうがはるかに多く、言語の2倍から3倍にも及びます。つまり、あなたはコミュニケーションのかなりの部分を非言語の方法で行なっていることになるのです。


 非言語コミュニケーションは実に多彩です。ジェスチャー、表情、視線、姿勢、接触から衣服やアクセサリー、時間、空間など、われわれは日頃、これらの方法を駆使してさまざまなメッセージを送っています。コミュニケーションとは、口(言語)だけでなく、全身を使って行なうものなのです。


 さらに重要なのは、言語は意識的に使いますが、非言語は無意識的に使っている場合が極めて多いということです。だから、知らず知らずのうちに、相手に誤ったメッセージを伝えたり、好ましくない印象を与えてしまう恐れがあります。


 そこで、非言語コミュニケーションを意識的に大いに活用し、効果的に自分を演出し、表現する技法が必要になってきます。


 本書では、非言語コミュニケーションのさまざまな方法を紹介するとともに、特にビジネスの場での効果的な技法を詳しく解説しています。いずれもすぐに実行していただける具体的・実践的な内容となっています。


 たとえば、初対面の顧客に好印象を持たれるには? 会議でイニシアチブを取るための態度・行動とは? 説得力のあるプレゼンテーションに必要な姿勢・視線は? など。


 言語より雄弁にメッセージを伝えてくれる非言語コミュニケーションは、あなたの存在感と好感度を高め、対人影響力を確実に強化します。そして楽しく価値あるビジネスライフを送るための強力なパワーとなるに違いないでしょう。

「からだは自己を表現する媒体である」


 あなたの変身ぶりに期待したいと思います。

川島 冽

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1337文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次