読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1124740
0
引き寄せ美人の法則
2
0
40
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
01 心を磨くと、全身からエネルギーがみなぎる

『引き寄せ美人の法則』
[著]Mayumi [発行]すばる舎


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
40
| |
文字サイズ

◆バリで信じられているジャワ思想の知恵



 最終章では、美人でいるための心の持ち方を伝授していきたいと思います。


 私が現在住んでいるインドネシアには「Rupasampat Wahya Bhiantara」という古来のジャワ思想表現があります。


 これは「美しさとは内面と外面、両方の美しさの反映である」と教えています。


 バリでもこの思想がヒンズー教の教えとともに現在まで受け継がれています。



 私は若い頃、外見重視の美を求め、お金をかけて、ありとあらゆる美容を行ってきました。しかし、表面を磨き上げてもなぜか満たされず、それだけではきれいになれないことを実感しました。


 やせていればやせているほど美しいなんて勘違いして、無理なダイエットをしたことも……。そしてさまざまな失敗や経験をして、健康であることが大切、とくに「心が健康でなければ人は美しくなれない」と悟ったのでした。



 美しくなるために大切なのは心の持ち方です。


 感謝の気持ち、人に対する思いやりや優しさを持ち、しっかりとした未来への夢や目標を持って人生をめいっぱい生き生きと過ごしている人。


 本当の美しさとは、生き方そのものが眩しく輝いて見える人。そんな女性が本当の意味で魅力美人だと思うのです。



 心と身体はつながっているので、美しさを保つには心と身体の深い部分から美をつくらなければなりません。心のあり方を変えれば、高い化粧品をたくさん買い込む必要もなく、毎月エステに通う必要もありません。


◆自信がある人は仕事も恋愛もうまくいく



 それでは、美人の共通点とはなんだと思いますか?


 すべての美人に共通するもの。それは「自信」です。


 自信がある女性は容姿に関係なく、どんな人でも魅力的で、そんな女性はたいていの場合、仕事も恋愛もうまくいっているものです。


 外見が普通でも、自信が持てる何かがあればそれで十分で、そんな一面があるからこそ魅力美人になるのです。



 たとえ、一般的にはそこまで美人ではなくても、自信があるからこそ美人に見えて、また美人として扱われるということもよくあります。


 逆に、どれだけ容姿が整っていても、自信がなければ美人には見えません。


 ですから、自信があるかないか?ということはとても大切で、それ次第で人はどちらにも変わります。


 美人になることに妥協せず、何歳になっても美しさを追い求めていれば、年齢に関係なくモテるわけで、その結果恋愛のチャンスにも恵まれ、愛されることでさらに自信もつき魅力美人になるわけです。


 とくに女性の場合「美人になるための努力を楽しんでしているかどうか」、これだけですべてが決まります。


 美しさにさえ自信があれば、女性というのは求められるようになっています。



 この世に、自分自身に嫌なところがない人なんていません。


 太っていることをコンプレックスに感じている人もいれば、身長が低いことをコンプレックスだと感じている人もいます。みんな、何かしらのコンプレックスを抱えているのです。


 コンプレックスは自らの欠点に思えてしまいますが、誰にでもコンプレックスがあるのと同じように、誰にでもその人の魅力があります。


 コンプレックスばかり気にしていると、いつまでたっても美人オーラは出ません。


 自分のいいところを見つけて「私はこういうところがすごい!」「私、年齢の割にきれいじゃん!」と自分の魅力に気づけば、自然と姿勢もよくなり、口角も上がります。そして、自分に自信を持った人からはキラキラとした美人オーラが漂うのです。


 では、自信がある女性は他の女性と何が違うのか?


 それは「向上心があるかどうか」です。自分を高めたいと思う人はいつまでも衰えませんが、そうでない人はすぐに老けます。


 一卵性の双子姉妹が大人になるにつれ、顔立ちの雰囲気やオーラや、見た目年齢が変わるのもその人の内面の反映なのです。


◆成功者はみな、自分自身の一番の理解者



 また、女性は外見ではなく中身が大事と言うけれど、だからといって外見にまったくこだわらないのは周りの人に失礼にあたります。


 たとえば、誰かと飲食をご一緒するときに、相手がひげもそらず顔も洗わずに、汚れた洋服を着ていたら、「軽く見られているのかな」と思いませんか?


 きれいにすることは、周りの人への思いやりでもあると思うのです。


 内面こそが大切なのももちろんのことですが、外見とは、その人の生きざまと精神が100%表れる場所であることを忘れてはいけません。


 女の仕事はいつもきれいでいること! きれいな人がいると、それだけで場の雰囲気がよくなります。そう思う私は自然ときれいにこだわった生活を心がけています。それは誰のためでもなく、自分のためです。



 たしかにきれいにこだわる生活は、お金も時間もかかるので「お金と時間に余裕がないから」と、きれいにすることが後回しになってしまう方も多いかもしれません。


 しかし、もしもこれから心から充実した人生を送りたいと思うなら、ぜひ外見に意識を向ける時間をつくってほしいのです。


 世の中の「成功者」と呼ばれる輝かしい人生を歩んでいる人は、外見も内面もピカピカに磨かれています。


 それはむやみに外見だけを飾り立てているというよりも、自分自身をよく理解し、自分の身につけたいものを身につけ、それにともなった美しさだったりするのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
40
残り:0文字/本文:2188文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次