読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1124819
0
効きすぎて中毒になる 最強の心理学[電子限定特典付き:追加コンテンツ『モテるために「性」から異性を支配する』]
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 無茶な要求を前向きに引き受けさせる技術

『効きすぎて中毒になる 最強の心理学[電子限定特典付き:追加コンテンツ『モテるために「性」から異性を支配する』]』
[著]神岡真司 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆「自己重要感」を否定すると反抗心を生んでしまう



 自分のことを、欠点も長所もすべて丸ごと大事な存在と考えることが、「自己重要感」です。ゆえに、上から目線で見下されたり、罵声を浴びせられると人は著しく傷つきます。


 自己重要感が揺らいでしまうからです。どうせそうだよ――、ダメなんだ自分は――などと少しでも思いはじめると、自己肯定感も下がり、しまいには、やさぐれて不貞腐れるばかりになります。相手への反発心から、心の奥底に反抗心まで植えつけてしまいます。


 上司が部下に、無理筋の要求をする時は、命令口調になりがちです。


上司「いいか、お前な。今週中に何が何でも注文取ってこいよ、何が何でもだ!」

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1221文字/本文:1515文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次