読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1125346
0
革命とパンダ 日本人はなぜ中国のステレオタイプをつくりだすのか
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
議論の材料

『革命とパンダ 日本人はなぜ中国のステレオタイプをつくりだすのか』
[著]張予思 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 本書は研究対象を中華人民共和国イメージ、日本社会の時代性、更にイメージ構築のパラダイムに設定する。具体的な研究問題は既に述べたが、日本社会における中華人民共和国のイメージの形成について、二つのキーワード「革命」と「パンダ」を軸に捉える。この「革命」と「パンダ」を選択する理由は、次節で述べる。「革命」と「パンダ」について、それぞれイメージの発生、主な担い手となる社会層、イメージ形成までの過程を分析する。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:866文字/本文:1069文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次