読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1125400
0
セーラームーン世代の社会論
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 デファクト・スタンダードとしての月野うさぎ

『セーラームーン世代の社会論』
[著]稲田豊史 [発行]すばる舎


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆月野うさぎのパーソナリティは時代の要請?


『美少女戦士セーラームーン』は言うまでもなく商業作品であるがゆえ、ヒロイン・月野うさぎの(※1)ーソナリティは、1992年当時、できるだけ多くの女児視聴者の支持・共感を取りつけるよう綿密に設計されたと思われる。


 うさぎはどのようにしてパーソナリティ設定されたのだろうか。当時の制作者たちが、当時の女の子に「足りていないもの」「備えていてほしい魅力」をうさぎに込めたのかもしれないし、1990年代初頭という時代の要請がうさぎを作り上げたのかもしれない。


 いずれにせよ、月野うさぎは90年代初頭における女児たちのロールモデルとなり、(そのパーソナリティに、女児たちが同意するかしないかは別にして)1990年代に生きる少女たちにとって、ある種のデファクト・スタンダード(事実上の標準)となった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2699文字/本文:3065文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次