読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1125619
0
ハッピートークトレーニング(R)
2
0
7
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
プロローグ どんな言葉を使うかで人生は決まる

『ハッピートークトレーニング(R)』
[著]池崎晴美 [発行]すばる舎


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
7
| |
文字サイズ

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから

マザー・テレサ





 みなさんは、最近どんな言葉を使って毎日を送っていますか? 


 会話中はもちろん、頭の中で思い浮かべた言葉や、独り言、口癖も含めてです。


「言葉なんて意識して使ってないから」

「どんなと言われても困る」


 と思われた方がほとんどではないでしょうか。



 では、こんなふうに言われたら、どう思いますか?


「実は、あなたが日々使っている言葉で、あなたの人生はつくられているのです」



 申し遅れましたが、私はハッピートークトレーナーの池崎晴美といいます。「〈話し方〉で人生を切りひらく」をモットーに、フリーアナウンサー、司会業、話し方講師など、これまで一貫して「話すこと」を仕事にして参りました。



 2009年には話し方やコミュニケーションを通じてハッピーになれるオリジナルプログラム「ハッピートークトレーニング」を考案し、さまざまな企業や行政機関で研修や講演会を行っています。また、多くの小中学校で「ハッピートーク出前授業」を行い、2014年11月には、名古屋で行われたESDユネスコ世界会議の併設イベントでも、「ハッピートーク出前授業」をご紹介いただきました。



 ハッピートークとは何か? それは本書でしっかりご説明させていただくとして、それでは最初の質問に戻ります。


「みなさんは、最近どんな言葉を使って毎日を送っていますか?」



 どんな言葉を使っているかと聞かれてもピンとこないかと思いますので、ここで、とても簡単なテストをしてみてください。



 今頭に思い浮かぶ感情や言葉を10個書いてみましょう。



 たとえば、


・楽しい

・イライラ

・元気が出ない

・最近疲れている

・うれしい

・なんだかもやもやしている

・忙しい

・おいしいものが食べたい



 ……などなど、何でもかまいません。あまり深く考え込まずに書いていってください。



 書けましたか?



 では、ご自分で書いた10個の言葉をよく見てください。



 プラスの言葉が多いですか?


 それともマイナスの言葉が多いですか?



 プラスの言葉は、楽しい、うれしい、おいしいものが食べたいなどの前向きな言葉、明るさを感じる言葉です。反対にマイナスの言葉は、元気が出ない、イライラ、忙しいなどのネガティブな言葉、否定的な言葉が当てはまります。



 プラスの言葉が多かった人は日頃からプラスの言葉を使い、考え方もプラス思考です。マイナスの言葉が多かった人は日頃からマイナスの言葉を使い、思考もマイナスになりがち、ということです。



 マイナスの言葉が多かった人の中には、

「いや、そんなはずはない」

「自分はプラス思考だと思っている」


 と言われる方もいるでしょう。



 では、毎日を振り返ってみてください。



 最近「忙しい」「疲れた」が口癖になっていませんか?


 仕事を頼まれたときに「めんどくさいなあ」「なんで私が」と思っていませんか?


 なにげなくため息をついていませんか?



 これらはすべてマイナス言葉、マイナス思考です。



 実はさきほどのテストでは、あなたの脳の中にある「言葉の引き出し」の一番上をチェックしました。


 マイナスの言葉が多かった人は「言葉の引き出し」の一番上に、マイナスの言葉がたくさん入ってしまっています。そのため知らず知らずのうちに、マイナスの言葉を使い、マイナス思考に支配されているのです。


 詳しくは本書でご説明しますが、このマイナスの言葉を手放さない限り、思考も行動もどんどんマイナスの方向に加速していってしまうのです。



 ところで、人は一日にどのくらいの言葉を話していると思いますか? 



 男性なら1万5千~2万語、女性のほうがおしゃべりなので2~3万語、話しているとも言われています。



 話すたびにマイナスの言葉を使っていたら、どうでしょうか? 毎日、何千・何万回とマイナスの言葉があなたの頭の中を飛び交います。知らず知らずのうちに思考もマイナスになり、それが1年、2年、5年、10年……20年……40年と積み重なっていくのです。


 つまり、あなたが日々意識せずに使っている言葉の一つひとつが、あなたの習慣、あなたの性格、そしてあなたの人生までをも決めていくのです。「言葉の引き出し」の一番上がすでにマイナスの言葉でいっぱいの人は、そのままではマイナス思考を変えることはできません。



 そこで、ハッピートークトレーニングです。



 毎日たった数秒の簡単なトレーニングで、マイナス思考をプラス思考に変えることができます。このトレーニングは、子ども・大人、年齢、性別に関係なく、誰でもできます。そして効果は絶大です。始めてみれば、その効果をしっかりと実感できるでしょう。



 実際に研修を受けた企業や行政機関の職員の方々、そしてハッピートークトレーナー養成講座を受けたトレーナーの方々から、


「周りの人とうまくコミュニケーションがとれるようになりました」

「自信を持てるようになりました」

「仕事が楽しくなりました」

「年収が上がりました」

「夢が叶いました!」



 といったうれしい声が、続々寄せられています。



 ハッピートークトレーニングを行うことで、前向きになりやる気が出る。そうすると自分に自信が持てるようになり、人と積極的にコミュニケーションをとるようになる。話し上手にもなれる。そうしているうちに、次々とうれしい出来事が起こっていくのです。



 私自身、それまでとくにマイナス思考だとは思っていませんでしたが、ハッピートークを始めてから、自分の考え方や感じ方ががらりと変わったと強く感じています。みなさんにも、「もっと自分にはいろんな可能性がある」「幸せな人生をつくっていける」ということをぜひ実感していただきたい思います。


 ハッピートークトレーニングは、けっして難しくありません。



 毎日、ちょっといい言葉をつぶやいてみる。


 口癖を変えてみる。



 たったこれだけです。しかも一度前向きになれたら、その効果は絶大です。



 本当に、それだけでいいの?


 本当に、効果があるの?


 どうやったら、続けられる?



 それを本書で詳しく紹介するとともに、少しでも早く、ひとりでも多くの人が、幸せな人生をつかむお役に立てれば幸いです。



 だまされたと思って、いえ、この表現はあまりよくないかもしれませんね。


 ではあらためて。



 今よりもっと、これからずっと、


 あなたをハッピーにしてくれる「言葉の力」を信じて、


 今日からハッピートークトレーニングをスタートしましょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
7
残り:0文字/本文:2728文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次