読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1126193
0
「年金問題」は嘘ばかり ダマされて損をしないための必須知識
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
歳入庁に反対するのは、国税庁のポストを失う財務省役人

『「年金問題」は嘘ばかり ダマされて損をしないための必須知識』
[著]高橋洋一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 このように考えてくると、どう考えても、国税庁と日本年金機構の徴収部門を統合してしまって「歳入庁」にしたほうが、圧倒的に合理的です。


 それなのに、なぜ、そのような議論がいっこうに実現化しないのでしょうか。それぞれの省庁の事情を考えてみましょう。


 まずは、厚労省・日本年金機構側です。


 歳入庁をつくると、日本年金機構(旧社会保険庁)が必要なくなるといわれます。しかし、年金事務は、もともと、徴収部門より給付部門のほうが人数を要します。徴収部門に相談に来る人はあまりいませんが、給付部門に相談に来る人はたくさんいます。

「私は、年金を受ける資格がありますか」とか「どのくらい年金をもらえますか」など、いろいろな相談がきます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1459文字/本文:1768文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次