読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1126195
0
「年金問題」は嘘ばかり ダマされて損をしないための必須知識
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
所得捕捉率よりさらに捕捉率が低い年金保険料

『「年金問題」は嘘ばかり ダマされて損をしないための必須知識』
[著]高橋洋一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 クロヨン、トーゴーサンといわれるようにサラリーマン以外の所得の捕捉率は低く、所得税の徴収漏れがありますが、それよりもさらに捕捉率が低く、徴収漏れが大きいと推測されるのは、年金保険料です。


 どのくらい徴収漏れがあるのかは、実際にはわかりません。データがないので誰にもわからない金額です。税金よりも捕捉率は低いと思われますので、何百億円というレベルの単位ではなく、数兆円という単位だろうと私は推測しています。


 何しろ、社会保険庁は、過去の年金記録のデータをきちんと管理できていませんでした。消えた年金問題では、基礎年金番号に統合されていない記録が約五〇〇〇万件もあることが発覚しています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1532文字/本文:1825文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次