読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1126254
0
斎藤一人 悩みはなくせる
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
エピローグ 一人さんの、「日本に生まれてよかった」と思える話 ―― 斎藤一人

『斎藤一人 悩みはなくせる』
[著]斎藤一人 [著] 舛岡はなゑ [発行]PHP研究所


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


今、いちばん伝えたいこと──


〓長々とおつきあいくださって、本当にありがとうございます。


 最後に、あなたに今、一人さんがいちばん伝えたいことをお話ししたいと思います。



 ちょっとだけ、みなさんの心が楽になってくれたら、うれしいです。


〓世界がビックリ仰天! 日本の神さま



 私は旅が好きです。


 観音参りをしたり、神社めぐりをしたり、日々、楽しく旅をして過ごしています。


 日本じゅう、いろんなところに出かけるんですけれど、

「ここはいい神社だな」


 というところが、あるんです。



 そういうところは、たいがいどこも、(けい)(だい)が掃き清められていて、しめ縄もキレイ、お(さかき)もちゃんとしてあって、大事にされていることが見てとれます。



 そのように大事にされている神社は、たくさんの人がお参りにやって来ますし、神さまの威力も強いのだそうです。



 もう一度、言いますよ。


 神さまというのは、私たち人間の尊敬の念が集まれば集まるほど、力が増すんです。わかりますか?



 私たち人間は、天に祈ったり、神仏に手を合わせたりして、神さまの力を借りて強くなります。


 一方、神さまは、私たち人間の尊敬の念を、()(けい)の念をあびて強くなるのです。



 要するに、人間と神さま、どちらもいないといけないのです。



 拍手と同じですね。


 右手と左手、この二つがパンと合わさって、はじめて拍手ができるんです。


 片一方だけでは成り立たないんですよ。



 このように、神さまと人間がお互い助け合う関係にあるのは、日本独特です。


 外国で、神さまというと、ただ一つの絶対的なる存在なんです。オールマイティ、なんでもできる、万能なんです。そういう完ぺきな存在を「神さま」としてあがめます。



 それと比べると、日本の神さまというのは非常にユニークですね。


 日本の神さまには、()()不得手があるんです。


「そんな、自分たちと変わらないようでは、神じゃない」


 そう思った人もいるかもしれませんが、そこが実は違うんです。



 日本の神さまは得手不得手があるからこそ、自分に苦手なことは「あの人に頼むといいですよ、あちらへどうぞ」と言うんです。


 もしくは、一つの神社のなかに、もう一つ、別の神さまがまつられているんです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4943文字/本文:5874文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次