読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1126818
0
反知性主義と新宗教
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「成功体験」を与える「座談会」と「教学部任用試験」

『反知性主義と新宗教』
[著]島田裕巳 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 しかし、この折伏だけでは不十分である。たとえ、それが折伏する側にとっても、される側にとっても、人生を変えるような重要な体験になったとしても、信仰を定着させるには、その後のケアが不可欠だった。


 その面では、何よりもまず、「座談会」の存在が大きい。


 座談会は、もともとは牧口が創価教育学会の時代にはじめたものだが、現在でも創価学会の活動の核になっている。現在の座談会は、進行の仕方もあらかじめ定められており、かなりプログラム化されているが、創価学会が拡大を続けていた時代には、「体験発表」が軸になっていた。


 座談会は、会員の自宅などで行われるが、話し手が前に出て、集まった会員たちに向かって話をするのが基本になっている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2430文字/本文:2739文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次