読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1126950
0
「自分好き」な女ほど、愛される
2
0
9
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『「自分好き」な女ほど、愛される』
[著]アダム徳永 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
9
| |
文字サイズ

「なんの苦労もなく、魅力的な女性になれるとしたら、その方法を知りたいですか?」


 もし、こんなキャッチコピーを見つけたら、あなたはどう思いますか?


 たぶん、「興味津々。でも、ちょっとアブナイかも」といったところでしょう。


 では、こう言い換えたらどうでしょうか?

「なにか特別なことをするわけではなく、あなたが意識を変えることで、魅力的な女性になれるとしたら、その方法を知りたいですか?」


 ぐんと身近になってきませんか? しかし、なんだか説教くさいかもしれませんね。


 それなら、これではどうでしょうか?

「毎日、楽しく過ごすことで、魅力的な女性になれるとしたら……」

「他人より自分を優先することで、魅力的な女性になれるとしたら……」

「いまを大切にすることで、魅力的な女性になれるとしたら……」


 これらのキャッチコピーはすべて、本書の内容にマッチしています。あなたがキラキラ輝く女性になるのは、けっして難しいことではないのです。


 これまで、自分の思いどおりにならなかったとしたら、それは、あなたがちょっと勘違いをしていたからだと思います。この勘違いをただすか、そのままにしておくかで、あなたの人生はずいぶん違ってくるでしょう。

「なにを勘違いしているというの?」


 あなたは、きっとこう思うはずです。そこで、あなたに質問させてください。

「魅力的な女性になるためには、自分を厳しく律することが必要ですか?」


 もし、答えがイエスなら、あなたは勘違いをしていると思います。


 日々、幸せを感じていなければ、キラキラ輝くことはできないのではないでしょうか? そのためには、ワクワクするような楽しい時間を過ごすことが必要だと思います。


 では、次の質問です。

「まず、自分のことよりも他人のことを考えて、行動したほうがいいでしょうか?」


 これも勘違いしやすいことだと思います。私の答えはノーです。


 たとえば、自分が幸せであるからこそ、なんの見返りも求めずに、他人にやさしく接することができるのではないでしょうか?


 また、他人の価値観に縛られていては、心から幸せを感じることは難しいと思います。


 では、最後の質問です。

「人生で成功し、幸せをつかむには、目標を立て、それに向かって一所懸命に努力することが大切でしょうか?」


 ほとんどの人がイエスと答えると思います。しかし、私の答えはノーです。


 なぜなら、「努力して成功したから、幸せになる」のではなく、「幸せだから活力がわき、成功する」と考えているからです。



 このように本書では、これまで常識とされてきたことを否定する内容も少なくありません。それは、あなたにキラキラ輝く女性になってほしいと心から願っているからです。


 そこで、簡単に本書の構成について説明しておきましょう。


 第1章では、自分を愛すること(自己愛)が、いかに大切であるか、そのアウトラインを整理しています。


 第2章では、主に日常生活において、どのように自己愛を実践すればいいのかを説明しています。キラキラ輝く女性になるためのポイントがわかると思います。


 第3章では、まわりの人々と交わるなかで、どのように振る舞えばいいのか、あなたの輝きを高める方法について解説しています。


 第4章では、第1章から第3章までの内容を踏まえて、パートナーとの関係をよくするための実践テクニックを紹介しています。


 第5章では、長い人生の道のりをどのように歩めばいいのか、自己愛をベースにした理論と実践テクニックを紹介しています。


「自分を好きになれない」というあなたから「自分好き」なあなたに変われば、誰でもキラキラ輝く女性になれると確信しています。


 あなたが「自分好き」になればなるほど、異性から振り向かれ同性から(あこが)れられる、魅力的な女性になります。あなたが愛される女性になるために、あなたが幸せになるために、ぜひ自分を愛してください。


アダム徳永 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
9
残り:0文字/本文:1608文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次