読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1127255
0
マッチングアプリの 三十路と婚活「雑草力」演習 その参
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【本書に入る前に】マッチングアプリ以外にもたくさんの婚活イベントがある!

『マッチングアプリの 三十路と婚活「雑草力」演習 その参』
[著]馬場チエ子 [発行]すばる舎


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 本書は、婚活バトルフィールドに降り立った「馬場戦記」とも言えます。主戦場は先ほどご紹介したマッチングアプリですが、婚活の方法は日々増加しているのです。その中でもメインと言えるものは「婚活パーティ」でしょうか。



 婚活パーティでは、「理系男子」「●●好き」などの条件に合った男女が集まり、20人前後で開催されることが多いです。まず全員と3分間程度話したあと、3~4回のフリータイムで気になる異性とじっくり話すことができます。


 職場など普段異性と接する機会が少ないという男性が多い傾向にあり、男性の参加費は平均4000~6000円(女性は2000~3000円)と決して安くはありません。そのため、真剣な人が多く集まると言えるでしょう。



 他にも、婚活居酒屋、婚活カフェ、趣味コンに結婚相談所、もしくは友人からの紹介や合コンだって婚活の1つ。やろうと思えば、道はたくさん用意されているんですね。



 でも何より大切なのは、「結婚相手を探す活動」であることを忘れないこと。トキメキを与えてくれる彼氏ではなく、安心感を与えてくれる伴侶を見つけるのですから、今までの「恋人探し」の感覚で臨むと「ドキドキが足りない」「刺激がない」と感じてフラストレーションが溜まるかもしれません。


 馬場も苦労しているので、難しさはよくわかります。


 とはいえ、馬場は恋愛の延長に結婚があると信じています。結婚した友人たちを見ると、本当に相手のことを「愛している」ことがわかるからです。ですから、恋愛の要素に「1人できちんと生活していけるか」「家族になれるか」「彼が辛い時に支えてあげられるか」という現実的な視点をプラスすることが、大切なのだと思います。


 このように捉え方を変えることも、「婚活」の1つと言えるのかもしれません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:744文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次