読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1127268
0
マッチングアプリの 三十路と婚活「雑草力」演習 その参
2
0
1
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【おわりに】年収800万円オーバーの男たち

『マッチングアプリの 三十路と婚活「雑草力」演習 その参』
[著]馬場チエ子 [発行]すばる舎


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ

『「雑草力」演習』はいかがでしたか? 本書で紹介したデート相手の男性は、馬場の婚活史上最もハイクラスな皆さまだったと言えるでしょう。


 高収入なだけあって職種も大手広告や外資といった華やかなもの。個人的にも彼らの専門知識やその業界に興味があったため、会話も積極的にできた気がします。当然それに見合うだけの知識と学歴、そして余裕もあり、馬場としては一番有意義な時間だったでしょう。



 しかしその分、仕事で負う責任やプレッシャーも多いのか、何かを抱えている人も多かったような気がします。


 大きな仕事を成し遂げるエネルギーを生み出すには、原動力となる何かが必要なのかもしれません。


 その何かはネガティブ思考、コンプレックス、そして性欲……と人それぞれですが、思った以上に溜まっている人が多い気がしました。


 馬場の想像ですが、彼らの肩書とスペックをもってすれば、女性を選びたい放題のはず。


 むしろふるいにかけるのが大変なくらいでしょう。それでも今まで独身なのは、彼らが持つ何かに対処できる女性に巡り合えていないからで、そもそもそんな女性が少ないからなのかもしれません。



 ハイスペックという名の「メッキ」が剥がれれば、結構面倒な彼ら。馬場の力不足とも言えますが、ハイスペック男子をゲットしたいなら自分も何かを与えられる(もしくは受け止めてあげられる)だけの器がないといけませんね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:583文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次