読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1128217
0
「お金が貯まらない!」が治る本
2
0
14
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
プロローグ 「なぜかお金が貯まらない……」から脱出したいあなたへ

『「お金が貯まらない!」が治る本』
[著]横山光昭 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
14
| |
文字サイズ


 これまでに、「ああ、お金を貯めなければ!」「貯金を増やしたいなあ」と思ったことは誰しも一度は経験があるのではないでしょうか。



 では、質問です。


 あなたはなぜお金を貯めたいのでしょう?



 将来、自分の家が欲しいから?


 海外旅行に行きたいから?


 老後が心配だから?


 理由はいろいろありますよね。


 そして、何をするにもお金がかかります。


 だから、お金を貯めておきたい。


 なのに、なぜかお金はいっこうに貯まらない……。



 特に浪費しているつもりもないし、毎日ごちそうばかり食べているわけでもない。


 買い物(ざん)(まい)しているわけでもないし、ブランド品を買い(あさ)ったりと、派手な生活を送っているわけでもない。


 なのに……、なぜかもらった給料はいつの間にかみるみるなくなっていて、次の給料日前にはカツカツの状態。貯金するなどという余裕もない。

「なぜお金が貯まらないのだろう?」


 と不思議に思っている人も多いのではないでしょうか。



 でも、お金が貯まらないのには、「貯まらない理由」が必ずあるのです。


 そして、残念ながら「お金を貯めたい」と思っているだけでは、お金はひとりでには貯まりません。



 まずは「貯めよう!」という“意識”をしっかり持つことが大切です。



 ところで、「貯金」というと、どうも「生活をギリギリまで切り詰め、爪に火をともすような生活をしなければいけない」というような、なんとも厳しい生活を()いられるようなイメージを抱きがちですが、それは違います。


 決して、食べたいものややりたいことをとことん我慢して、ギリギリまで節約してまで貯める必要はないと、私は思うのです。


 なぜなら、お金は人生を楽しむためにこそあるべきもの。


 その人生の楽しみを犠牲にしてお金を貯めようとするのは、本末転倒というものです。


「ムダな出費を減らして、かけるべきところにだけ、お金を使う」



 これこそが、私の望む「貯金スタイル」です。


 楽しみながら、ムリせず貯めてハッピーになる! これが私がもっとも目指すところですし、皆様にもぜひ実行していただきたいことです。そして、私のところにいらっしゃるお客様にも、「どうしたら、ムリなく、我慢しすぎることなく、貯金を増やしていくか」を、お一人おひとりの状況に合わせながら、アドバイスさせていただいています。



 いずれにしても、「○○のためにお金を貯める!」という目的をはっきりと決めないと、いくらお金を貯めても、不安は解消しません。



 実際、「お金不安症候群」にかかっている人が、最近増えているように思います。

「お金がいくらあったとしても、不安が尽きない」という人です。


 まあ、こういう世の中ですから、不安になるのもムリはありませんよね。


 年金の支給額はどんどん減少する一方。自分たちが高齢者になった時に、「本当に年金は支払われるのだろうか?」と心配にもなるでしょう。


 さらに、働けど働けど、収入は増えない。いや、むしろ減っているかもしれません。


 なのに、税金は高くなるし、物価はどんどん上がるし……。


 考えれば考えるほど、「将来、ちゃんと生きていけるのだろうか?」と、焦りにも似た気持ちがわいてくるのも当然のことだと思います。



 ですから、「転ばぬ先の杖」として、「今後のことを考えて、お金でも貯めておこう」という漠然とした動機が生まれるのも、自然の流れでしょう。



 でも、このような「お金不安症候群」にかかっている方は、たとえ、いくらお金を貯めても不安が解消することはありません。なぜなら、「何のためにお金を貯めるか?」という目的がなく、お金を貯めること自体が目的になってしまっているからです。


 ですから、たとえお金がいくらあっても、「まだ足りないかもしれない」という気持ちに駆られてしまうのです。


 あなたは何のためにお金を貯めたいですか?


 まずは、お金を貯めるための「目的」を決めましょう。


 そして次に、自分の生活を見直し、ムダな出費がないかどうかを点検してみる。


 これが、あなたが貯金体質に変わる第一歩なのです。



 少しずつ生活を改善していくだけで、自然とお金が貯まるようになる。


 そこにはムリもなければ、辛いこともありません。


 こんなにいいことはありませんよね?



 この本を読んで、ぜひとも「お金が貯まらない自分」から卒業していただきたいと思います。


 本書があなたのお役に立てることを、心からお祈りしています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
14
残り:0文字/本文:1817文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次