読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1128452
0
幸せのありか
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
これが自分 勇気を持って受け入れる

『幸せのありか』
[著]渡辺和子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 映画『風とともに去りぬ』の中で、スカーレット・オハラを演じたヴィヴィアン・リーは、主役にふさわしい美女でした。


 一世を(ふう)()した美女にとっては、自分が容姿の衰えを伴って老いてゆくということは、耐えがたいことだったに違いありません。エピソードの一つに、彼女がある日、手鏡を床に投げて割ったというのがあります。姿見の鏡と違って手鏡ですから、そこには正直に、しわや肌のたるみが映っていたのでしょう。


 ヴィヴィアンは“見たくない自分”、かつて多くの人を魅了した若さと美しさを失った自分を見て、受け入れられなかったのです。


 鏡を割ったからといって現実は変わりません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1343文字/本文:1628文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次